2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳と心って・・・意識は何処。


あの茂木健一郎さんが小説を書いてると知った時の衝撃ったらないよ。

で、即行探して借りてみた。

難しい・・・。

これはちょっとあれだな、寝る前に読むにしては重すぎるというか。

それこそ脳が働きませんよ、だから理解できませんよ、というか。

いやでも内容的にはすっげえ面白かったけどね。

脳とか心とか意識とか大好きな分野ですから。

意識がどこにあるかっていうのは、ほんと人間の脳じゃ理解っていうか解明できないと思うんだ。

だって今のところ、人間は「分からないもの」に対するアプローチって二つしか持ってないじゃん。

理系か文系。物質的に見るか、思考的にとらえるか。

科学か哲学かって感じ?

昔は一つだったけども。自然哲学ってやつ。

あらゆる学問の根源はそこにあるからなぁ。すごいよなあ、昔の人。

で、それが分裂していったことで今みたいに進歩してるわけだけども。

またそれぞれが組み合わさって一つになる時期が今来てるみたいだ。

たしか高校生の時、「環境問題には広く浅い知識が必要」みたいなことを現代文かなにかで読んだ。

つまり、細分化された学問を専門に行ってる人ではなく、渡り歩いてる人、みたいな?

一つのものを研究するために、色んな分野の研究者が集められるのは、そういう理由があるからですか。

ただ、それプラス全体を統合してくれる人も必要だと。

今回読んだ「プロセス・アイ」もまあそんな感じだった。

いや、趣旨はそうでないけども!

でも色んな分野の研究者が出てきて、普通の企業人とかもいて、でもみんな方向が一緒だったんだよ。

「一つの目的に向かってる」というよりは、むしろ個人の人間性に惹かれてる感じだったが。

「意識」というものについての研究は、ほんとに想像もつきませんが。

西洋的な考え方だと、心と体は別のもの・・・だったっけかな?

個人的には同意し難いが。でもまあ意見まとまってないし、それはとりあえずおいといて。

心と体を分けるってことは、物質的な観点と非物質的な観点が生まれると思う。

それがまあ、客観と主観なのかな、と。

ただこの見方、極端だよな・・・。正に科学と哲学。

ちなみに、ここに宗教が加わるとおそろしい三つ巴になる。

宗教って・・・難しいよな・・・。この場合の宗教っていうのはまあ、あれだよね、一神教になるけれども。

いわゆる多神教だと、またちょっと立場が違うと思うからね。

キリスト教はまあ、「解明」ってことに関してすごい反発する。せざるをえない。

自分の根底にある聖書がゆらぐから。

ムスリムの場合は・・・どうなんだろう。よく知らない。

でもどちらにせよ、原理主義系じゃなければ平気だと思ったな。

とにかく、自然界とか人間について研究しようとすると、「神の領域だ!」って反対するわけですね。

気持ちは分かる。分かるぞ。

でも現代に生まれたし、日本人だからもうその辺に関して禁忌は感じられない。

ただ、この本の中でタケシがやったことはちょっとやり過ぎた感はあるなぁ。

いやまあ、執念だよね。自分がどんな目にあっても、それを知りたかったと。

勇気があるってことにもなる。

問題は、それが誰にも理解し難いってことかな。

研究して得られたであろう答えが、世界の誰にも理解できないっていうのは、きっと「研究」としては意味のないことになるんだろう。

しかし、グンジの執念もすごかったが・・・。最期もすごかったぞ。


でも実はそれ以上に感動したことがあったりする。

この本の中で、チベットがとうとう中国から独立したことだ。

いや、マジびびった。最近はあんまりニュースでやらないけど、少し前にすごい話題だったから。

新聞にも出てるし。

っていうか、中国って未だに中華思想なのかな・・・。それはちょっと捨てないときついのでは。

あとパクリはやめようぜ。

中国って一応多民族国家だけど、移民の流入っていうのはほとんどないだろうから、アメリカとはまた違うんだよね。

人口がすごいことになってるから、人が入ることはないんだろうな。

てことはつまり、漢民族がものすごく多くなってるんだろう。

あー・・・困ります。ある意味これも民族自決みたいだなぁ。

でもまあ日本人もひとのこと言えないけどね!アイヌ民族のこととかあるし!

でもテレビで中国の公害問題とか見るとすごいんだよなぁ・・・。

それはつまり、国家の基盤である人々を蝕んでいくわけでしょ?

そしたらもう、転覆すると思う。

ってそれは日本にも言えることだがな!

いつになったら政府はまともになるんだろうな!

色々見たが日本国民あんまり選挙行ってないみたい。

みんな政府を見限ってるわけだ。

でもそしたら、実際に投票してる人達の一票一票にものすごい価値が出て来る。

だから投票すべきなんだけど・・・誰に投票したらいいのかわからないよ!

だってテレビ見てるとほんと絶望するじゃん!

自民党も民主党も知るか!

・・・っていう風に考えると、やっぱり国民が投票拒否してることについて、政府は対策しなきゃいけないんだよな・・・。

政府の中身とか人間とかを改善するしかないと思う。

その証拠というか、こないだスウェーデンの本読んだら、毎回投票率がものすごく高かった。

それは政府がちゃんと行政を国民の生活に反映させてきて信用があるってことだよね。

ちゃんと反映されるなら、みんな選挙行く気になるし。

あーほんと、北欧移住したいわ・・・。

スカンディナビア行きたいわ・・・。




なんで本の感想が最終的に政治の話になったんだ・・・?

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/97-7f1156fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こ、これ «  | BLOG TOP |  » 枯渇枯渇枯渇枯渇枯渇枯渇枯渇 潤沢はどこだ!

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。