2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オデッセイ』見てきた。

話題の映画『オデッセイ』見てきましたよ。
いやーひたすらサバイバルしてましたね。面白かった。
とにかく「いかにして生き延びるか?」がメイン。人間関係とか、余計なロマンスとかがなくて、そこが良かった。ほんとに。
怪我の治療に始まり、設備や食糧の整理確認、改造などなど。そういう細かいところが見てて楽しかったんです。
自分の持ってる知識や、残された道具を駆使してとにかく生き残る!って、それすごい燃える!
じゃがいもだけ偶然にも残ってて、それを種芋にして畑作っちゃうし、雨降らす装置作っちゃうし。作業見てるのがすげー楽しい。
要所要所に船長が残した音楽をかけてたんだけど、あれが明るすぎて逆に不安にさせられましたが、そんなこともなく。いい気分転換でしたね。
そして地球、というかNASAの皆さん。お金の問題とか広報の問題とかあっていろんな人がぶつかってたけど、なんだかんだあの長官好きだぜ…難しい立場だけど、しっかり長官の仕事やってたし。最悪は避けられたし。
技術職の皆さんのあれ…火星探査機の交信とか燃えたよ…。ものすごい技術の詰まった、ハイテクの塊みたいなものを使ってるのに、意思の疎通はカメラの回転やらアナログ!ハイテクとアナログの組み合わせ!最高!
そして突然の中国。なぜロシアじゃなかったんだ?原作がそうだったのか?と疑問だったが、えっと、あの人本当に技術職のアジア系の叔父さんなん?
なんにせよそこでの協力を決断したのは大いなる一歩でしたよ!個人が国家を越えた瞬間。これがラストに繋がって、米中の共同プロジェクトに。こういう流れも好きじゃ。
それにしても、ラストの救出シーンもリアルでよかった。楽観的でもなく悲観的でもなく。真面目に。
「やるぞ!」という意気込み、勢いに対して、トラブルの割合がバランスよかった。やり過ぎになってなかったというか。
サバイバル場面もそうだったけど、ずっと順調だと「ほんとか?」ってなるし、逆にトラブルが続きすぎてどん底になるとリアリティーが弱くなっちゃうと思う。
そういうところで、良いことも悪いこともきちんとあって、よかった。
いわゆるハリウッド映画とは違うし、単なるエンタメではない。と思う。断言できないのは、映画にあまり詳しくないから。
でもとにかく、余計なシーンは一切なかったし、物足りない感じもしなくて、すごく充実している映画だと思った。
面白かったです。宇宙のロビンソンクルーソー。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/560-4be7f5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『高慢と偏見とゾンビ』!見て来た! «  | BLOG TOP |  » 『パラークシの思い出』読了。

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。