2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SHORT PEACE』見てきた

映画『SHORT PEACE』見てきました。

テーマは『日本』だそうで、全体的に和風。一部除く。

ここから先、ネタバレを含みます。 四つの映画それぞれについて、感想。

一つ目。『九十九』

雨宿りしてたらなんかすごいことになっちゃった話。

メインの男の動きが良かったなあ。

いかにもおっさんくさいというか。

見た目あんなんなのに手先器用でびっくりしたよ。

あの化かされ感や色の感じ、あと男の持ってる箱の感じ。

モノノ怪っぽい印象だった。

まああそこまで話こじれてないけど!

むしろシンプル、話なんてあってないような感じ。ショートだからね。

これが一番、日本っぽいというか、日本的なネタを扱ってるのかも。

こういうの好きです。



二つ目。『火要鎮』

のっけから演出と音楽が良かったなあ。

あの巻物も。

これはストーリー大事な話だった。

そのストーリーも良かった。

最初の、小さい頃の描写とか、あのダイジェスト感好きだなあ。

ただ動くんじゃなくて、現れては消え、現れては消え、ってところが、時の移り変わりを感じさせるような。

そのあと、火事になってからの火の勢いとか、それをかきたてるような音楽もすごく印象的。

あの燃えるところもだけど、火消しが建物ガンガン壊していくところも。

今まであんまり、火消しが壊してる描写見たことなかったから、余計にそうなのかもしれない。

ラストが良かったな!この後どうやって収拾つけるつもりなんだ?って考えながら見てたけど、やっぱりそうきたか!という感じ。

いきなり終わるところも良かった!

四つの中ではこれが一番かね。



三つ目。『ガンボ』

ここまでわりと綺麗な映像だったが、ここにきて出ました。激しいやつ。

これだけは他と違って、リアルに怖いタイプじゃないのかな…。

しろくまさん…。

相手の鬼が完全に人型だからな、人型と獣とだと戦い方が全然違う。

敵が赤で熊が白かったから、戦いの激しさがよくわかったよ…だんだん毛皮汚れていくし。

しかし何故あれ最初助けたんだ…お上のやることはわからねえな。

まあ様子見だったんだろうけど。

あの鬼が謎だよ。

とりあえず地球外生命体なんだろうけど。

なんで一人で来たんだ?というところから考え始めて、結局あの鬼は、私の中では「もともと鬼の星に住んでいたけど、他よりめちゃくちゃ力が強くて悪行ばっかりしてたら、星を追放になった」ってことになったよ。

まったく迷惑な話である。

しろくまさんはかっこよかった。

鬼はめちゃくちゃ怖かった。異物への恐怖だな。



四つ目。『武器よさらば』

これだけ近未来風。

元は日本だったところが舞台ってことでいいんだよな?最後富士山出てたし。

カーナビが住宅地っぽいところ表示してたように見えた。

前半はあれだな。攻殻とかアップルシード的な。

第三次大戦の後、みたいなイメージ。

あーでも、敵のあれ、生きてたとはな…あれは驚いた。

市街戦で破壊できたと思ったのに。

全員が全力で戦って、最後。

最後のあのオチ!

マールがスーツ脱いだ時点でちょっと「お?」ってなったけど、まさかあいつしゃべるとはなあ。

タイトル理解したよ。

でもそうだな、最後ああなるのはなんだか納得だよ。

武器強制解除というか。

裸の人間、それも道具を失ったもはや猿状態の人間!

仲間の仇を討ちたいのに向こうはスルーするし!

好きだなこれ。

撃ちあってるとか任務中も好きだけども、こういうオチ好きだよ!

ギャップとは違うだろうけど、なんかこう、あれだけ近未来技術で武装してたのに最後は裸って!

しかも裸で無人戦車に攻撃って!

武装してたら一撃で殺されるのに、裸になったらもう見向きもされない!笑える!

なんか、なんて言っていいのか言葉が見つからないけど、これは良かった!面白かったよ。

説明できないのがもどかしいわ。

そのうち批評とか見たら、いい言葉で表してる人いるかな。



ともあれ、見て良かった。

オープニングも日本+近未来で、ちょっとボカロ思い出したよ。

それも日本といえば日本だしね。

DVD出たら、少なくとも借りに行ってもう一回見るな、きっと。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/530-54753f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そして伝説へ (集英社ビル) «  | BLOG TOP |  » 投票行って来た

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。