2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『売れる作家の全技術』読了。



大沢在昌さんの『売れる作家の全技術』読みました。

まあ内容からして読むだけじゃ駄目なんですけどね。

プロの小説家を目指す人たちに対して、大沢さんが講義したのを本にしたものです。

これはこれで面白かった。

プロの作家が小説を書くときに考えていることや、工夫していること。

そして作家を目指す人たちの悩み。

すごいなあ、って思ってばっかりですよ。

だからこそ、小説を読むこっちとしても、楽しんで読みたいと思います。

ただこの講座を実践するためには図書館で借りるんじゃなくて自分で買わなきゃですよ。

文庫にならないかな。大沢さんもその方が印税二回分入るしいいんじゃないですか(笑)



にしても、大沢さんは作家以外の職業は経験してないんですね。

意外だったなあ。若い頃は普通にサラリーマンやってたのかと思ってた。

まあ警察官ではなかっただろうとは思ったが。

というか実はまだ、大沢在昌の本読んだこと無い。・・・と思う。

少なくとも記憶のある限り、読んでない。

なんかタイトルからして苦手感が。

読めば読めるんだろうけど、どうだろう、好きなタイプかはわからない。

前に『魔女の盟約』の冒頭読んだことがあるけど、そのときは興味が持てなくて借りなかった。

ハードボイルド系は、その世界観にどっぷり浸かってないと読みづらそうなイメージ。

それやると日常生活にも支障をきたすので、なかなか難しい。

家族から何か言われるわけじゃないけど、極端に口数が少なくなって、時間ができたらすぐ本読んで、って感じで心象が悪い。

でもその没頭してる感じをなくすと、ハードボイルドに限らず本は読めなくなるわけで・・・。

そういうところは、大沢さんも言ってた「作家は書くテンションを維持しなければならない」ってところに似てるのかな。

読者も小説を読むテンションを維持しないと、なんか勢いを挫かれて面白く読めなくなっちゃう。

小説に「汚染」されてないと駄目なんですね。

本当はもっと汚染されてたいんですけどね。だから一気読みをできればしたいんですけどね。

最近はなかなか難しいです・・・。

もっと没頭したい。





ところで「おおさわありまさ」って打っても出なかったのに、「おおさわざいしょう」って打ったら一発変換したんだが・・・なんでだ。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/519-06ad9966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『教科書では学べないディープな人々』読み途中 «  | BLOG TOP |  » 『少年は残酷な弓を射る』下巻、読了。

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。