2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『白い死神』読了。

フィンランドの白い死神、シモ・ヘイへについての本。

シモ・ヘイへはフィンランド狙撃兵で、冬戦争の英雄的存在。

冬戦争についての本を読もうかなって思ってたから、そういう意味ではちょうど良かった。

でも、かなり残念な中身。

描写とか説明のバランスが悪いのかな…正直、小説にも伝記にもなってない。

つまり、読みづらい。

ちょっと説明が足りなくて、何が言いたいのかわからない部分があったり、章と章のつながりがよくわからなくて、話がぶつ切りになってる感じがある。

多分、戦況については正しく書かれてるんだろうけど…ほんと、惜しい。

ここがなんとかなってたら、すごく面白かっただろうに。



で、中身について。

きっと、冬戦争の流れを頭に入れてから読んだ方がいいかな。

それさえしてあれば、シモ・ヘイへの狙撃兵としての優秀さとか、周囲の兵士たちの描写の面白さとか、わかるんだと思う。

ただなんていうか、ほんと…惜しい。

この中では、シモ・ヘイへが冷静な狙撃兵ということ、家族のために戦っていたこと、くらいしか本人のことがわからない。

しかも、それらも端的に述べられているだけ。

むしろ、ユーティライネンとかの方が描写多かったかも。

もっとこう、人柄に迫るとか、あれば良かったのになあ。

あ、写真見たが、ユーティライネンとテイッティネンの二人がかっこよかったなあ…。

タイトルが「白い死神」なのに、あんまりシモ・ヘイへのことが印象に残らないという。

ほんとに残念。言葉が足りなすぎて。

短くまとめたかったのかな…。

原文はちゃんとした文章なのかな…。

あーもったいない。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/505-b5680d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ライオンキング』見て来た! «  | BLOG TOP |  » 『共喰い』読了。

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。