2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストストーリー、プレイ日記二回目


さて、ちょっと日があいちゃったけど、ラストストーリー続きやりました。

今日は船~街に帰ったところまで。

ネタバレになるので、隠しておきます。

ところでエルザとかカナンの顔が縦に長くて怖い。
さて、前回グルグ族の船をのっとりました。

奴隷にされていた人間たちも解放できたし、なんか知らんけど良かった。

というか、人間は捕まって奴隷にされてたんだね。

その逆はやっていないんだろうか。

話によると、人間たちは自分たちの国からグルグ族を追い出したってことらしいから、人間の国にはグルグ族はいなくて、労働も特にさせられていないってことなのかな。

一方、グルグ族はというと、たまに海で見つけた人間の船を襲ったりすれば捕まえられるわけだし。

人間が彼らにとって優れた労働力なら、狩りに行くんだろうなあ。

で、ここらでユーリスとマナミアの過去が判明。

というか、ここの章はどっちを選ぶかで分岐すると思ってた・・・いちいち二人の話聞いて、どっちを進もうか悩んでしまったじゃないか。

うっかりマナミアを選んで「うあー!ユーリスの話聞いてねえ!」ってわざわざリセットしたのはいい思い出。

その次も結局マナミアで進めてしまい、これでもうユーリスはできないなあ、って思ったら行けた・・・。

どっちを先に行くか決めるだけだったのね。

しかしマナミアルートのクモは大変だった・・・ああいうの苦手。

気づいたら仲間が消えてて「あれ?」ってやってたら自分も食われてしまった。

背後を狙え、とか言われても、ギャザリングしてたら後ろにまわれないし。

どうしようどうしよう、ってやってたらみんな食われちゃいましたとさ。

二回目で倒せたけど、結局マナミアは二回とも食われてしまった・・・ごめんよ。

一方、ユーリスルートは衝撃だった・・・なぜ二人っきりなんだ。

圧倒的に戦力が足りてないじゃないか!

クォークがいなきゃ前衛一人でわたわたしちゃうし、マナミアいないとすぐ死んじゃうし・・・。

というか子供二人じゃ不安w

この章で色々あったお陰で、ユーリスがちょっと氷解したけど、まああれですね、やっぱ若いですよね。

これで過去がわかってないのは、セイレンとジャッカルとクォーク。

クォークがエルザと出会う前はどうだったのか、っていうのは気になるよね。

出会った当初から傭兵っぽい格好してたし、それっぽいことしてたのかな。



さて、入り江で二人の章を終えて船も直ったので、出航。

グルグ族の前線基地へ・・・っておい、やっぱり思ったとおり火山じゃないか!

モグラか!モグラでも住んでるのか!?(どきどき

そんで赤竜とか出てきて、最深部で誰かが儀式やろうとしてるんじゃないのか!?(わくわく

・・・いやまあ、さすがにそんなことはなかったけど。基地だしね。

ここは比較的サクっと進められたなあ。

途中で増援来たしね!

しかしトリスタ将軍の船に、最初はセイレンとジャッカルもいると思ってたけど・・・もうこの時には捕まっちゃってたのかな。

そして船の上でいきなり「空飛ぶやつ捕まえたら基地にはやく行けるぞ!」とか言い出して実行してしまった将軍、かっこよすぎたw

しかもあっさり手懐けて、エルザたちを助けに来て、それでエルザたちもあっさり乗っちゃうし・・・どんだけ操作しやすいの、あの敵は。

さすがにおかしいと思いました。

エルザがカナンと一緒に乗ったのはわかるけど、ユーリスがタシャの後ろに乗ってたのもおかしいと思いました。

しかし、トリスタ将軍・・・あの人が声やってるのに味方だと、すげえ違和感が・・・。

しかも良い人だし。え、いつか裏切るのか?と思ってしまう。

だってあの声はねえ・・・なんか、敵っぽいよね。

TOFでは味方だけど途中で離脱だし。

ゲンドウボイスで味方とか信じがたい。これはすげえ偏見だけど・・・でもほら、若本ボイスのやつが味方にいたら驚くだろ!?ラスボスボイス!

ザングルグの中の人はともかく、上の二人はどうも敵キャラっぽい声なんだよなあ・・・。

声といえば、ジルがなあ・・・うん。これはなんかもうハマり役というか、なんというか。

きちんと悪役(小物)なので、まあ良かったよ。中途半端じゃなくて。

そのうちゾラ再登場して、手を組んだりしないだろうか。出たら出たで面倒だが。

悪役といえば、伯爵・・・この人もけっこうわかりやすく悪役だ。

帝国だけじゃなくて世界を手に入れるとか。

でも、帝国の大地は荒廃しているとかなんとか聞いたけど。それであの白い花びらみたいなのが舞ってるんだよね?

てことは、手に入れてもあんまり意味ないのでは?

世界を手に入れたらどうなるのか知らないけど・・・ん?待て、帝国ってなんで荒廃してるんだろう。

マナミアが言ったようなことが原因なのかな。

おいおいわかってくるだろう、と思っておこう。



基地を破壊してルリ島へ帰港。

その直前にエルザの青いムービーが入った。

まあそう言いたくなるのもわかるけど、どうしようもないといえばどうしようもない。

それでクォークにダメ出しされた。

へこむのはしょうがないけど、でもそこで勝手に納得して諦めて、クォークにすら言わなかったらダメだったと思う。

きちんと行動に表せたから、よかったんだよ。その気持ちが嘘じゃないっていうのが示せたからね。

でもこれ、若さゆえの特権に近いなあ・・・。

主人公はやっぱり、気持ちが素直に行動に出るような人が設定されることが多いからね。

どんなにイタイ展開でも、プレイヤーは受け止めねば。



えーと、それでルリに帰ったら誘拐犯呼ばわりされて牢屋に入れられました。

最近のRPGは主人公が牢屋に入れられることが多い気がする。

テイルズではむしろ恒例ですけど。

あ、FFでもけっこうあるか。でも、敵の牢屋じゃなくて味方(?)の牢屋に入れられることって、やっぱり特別だよね。

FF9では・・・ああ、アレクサンドリアとデザートエンプレスでは捕まったなあ。

でも両方とも敵みたいなもんだったし、そこまで衝撃的なことではなかった。

ああ、つい9と比べて見てしまう・・・あんまりしたくないことではあるが、しかししょうがない。

私にとってFF9は至上なので、他のゲームやっててもつい比較してしまう。

ましてや今回、同じ人なわけだし。

でも「FFの産みの親」がもうFF作るのに関わってないっていうのは残念だ。

しょうがないことだけど。

それに、FFじゃなくても他にゲーム作ってくれるなら、それでいいや。



で、牢屋でロッタに出会う。酒場の隣の強化屋さんね。

脱獄を試みようぜ!ということで、薄暗い洞窟へ。

そうそう、その薄暗いのって困るんだよ。

うちのテレビの所為なのか、ちょっと暗い場所に入ると画面真っ暗になっちゃって、なにも見えなくなるのね。

だから船でも洞窟でも、すぐどこにいるかわかんなくなって大変。

そういうわけで明るいダンジョンを期待したいんだが・・・ラスストは暗いところ多いみたいだ。

画面の明るさ調節でなんとかなるかな?今度やってみよう。



そういえば洞窟、というか地下迷路・・・きちんと全部まわりきれなかったな。

途中でどこから入ってきたかとかわからなくなっちゃって。

ボス戦は途中でウィンド使うといいことに気づいたので、一回で倒せました。

しかしこのゲーム、けっこう調子よくレベル上がるよね。

いっつもレベル上げに困ってたから、上がるのはいいんだけど。

このまま特にレベル上げすることなく、サブイベントとか楽しみつつ上がっていってくれたら嬉しい。



それで政治的駆け引きみたいのがあって、釈放。

ここでサブイベント。ホーンテッドマンションと謎の組織の誘拐事件。

っていうかロッタの奥さん美人なんですけど。どうして結婚できたし。

この章では、館の中でところどころ子供が映ってて、その演出がさりげなくてとてもよかった。

そこだけホラーっぽさは出せてたように思う。RPGを抜け出せないやり方だと、違和感あるから。

その違和感っていうのも、説明しにくいんだけど・・・。

下手にホラーっぽさを出そうと頑張ると、逆にしらけちゃうことってない・・・?そういう意味なんですけども。

ちなみに個人的には、ボスのヴァンパイアよりも途中で出てきたグールの方がきつかった。

前に出たやつだから弱点は知ってるけど、どうやって狙えばいいのかわからなくて。

それで右往左往してたら、階段上の扉の前に追い込まれてタコ殴りにされてゲームオーバーしました。

あそこ一度追い込まれたらなかなか逃げられなくて、ほんと困った。

暗いからどこに障害物がないかもよくわかんなくて。

そういう意味では、ヴァンパイア戦は何周もぐるぐるしてられたので、マシかな。

途中で扉がどこかわからなくなったりしたけどね。



次は誘拐された子供を助けに、酒場へ。

一人で行ったら後から仲間が助けに来てくれた。いいなあこういうの。

でも、助けたと思ったら今度はその女の子に助けられて・・・うん驚いた。

まさか戦闘に参加するなんて思わなかった。

ロッタならまだわかる。固有名あるし、二度も同行したし。

でもこの女の子、名前わかんないし、しかも助けにいった相手なのに。

しゃべるだけじゃなくて一緒に戦うなんて・・・すごく勇気のある子だなあ。

しかし可愛い子である。父親に比べてずいぶんしっかりしてるし。治癒魔法使えるし、なぜか相手の攻撃知ってるし。

いったいどんな教育を受けさせたらああなるのか。



さて、サブイベント二つ終了。

でもこのサブイベント、本編なんじゃないかと思うんだが。チャプターついてたし。ムービーもあったし。

サブイベントらしくないサブイベントだった。

次はロッタの本を探しに井戸へ行く予定。

今日はここまで。

・・・ところで噴水公園のカエルがどこにいるのかわからないんだが・・・ほんとにいるのか?占い師が言ってたけど・・・。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/451-86b45a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スケダンとディーグレ «  | BLOG TOP |  » ラストストーリー、買った!

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。