2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎーりしゃー



そういうわけでまた、ギリシャについていろいろ思いを馳せてみることにする。

・・・えっと・・・ソクラテスはマジカリスマって話だった・・・かな。

じゃあ次はプラトンですかね。でもプラトンってほんと苦戦させられた記憶が多いな。

プラトンは、師匠と違って著作を残している・・・がしかし、なぜか文学作品的!

なんか彼はそういうの向いてたらしいんだよ。

そういうわけで対話編です。基本的にはソクラテスが主人公のが多いのかね。

たぶん初期はソクラテスのやっていたことを残すための作品。

で、徐々に自分がしたい話をしていった、と。たしかそういう感じだったと思う。読んでないけど。

でもねー。初期から中期から晩年から、ずっと対話編だったわけだけど。

わかりづらいんですよね。

そりゃあ年齢重ねれば考え方も変わるとは思う。でもそれだけじゃないんだプラトンの場合は。

初期は師匠の言ってたことが中心(になってるはず)。

で、自分の話をして、考えが変遷して・・・うん、整合性がとれない。

それだけじゃない。文学作品だから、文学的表現が使われる。

そうすると解釈の問題がね・・・ここの文をどう解釈するの?って問題が出てくるんですねえ。

ほんと困る。お陰でプラトン読むの大変だったぞ!

まともに読んだのは、ソクラテスの弁明、クリトン、パイドン、ピレボス。

前者二つは普通の講義で読んだやつだったから、そこまで困ることはなかった。

自分の解釈を求められることはなかったし、この二つは短めでけっこうわかりやすかったから。

問題は後者だ!

貴様!パイドン!思えばピレボスよりパイドンのが大変だった!

そりゃ扱ってるテーマが「魂」だもんで、難しくなるのはしょうがないけれども。

私が読んだのは、岩田靖夫さんの訳だったんだが・・・うん、きつかった。

もしかしたら訳の問題もあるのかな・・・。まあそれはしょうがない。

だって私がギリシャ語読めないのが悪いんだし。

読めるようになったら・・・楽しいだろうなあ・・・。ラテン語も読んでみたいなあ。

しかし英語もドイツ語もしゃべったり聞いたりする方はさっぱりである。

これってなんとかならないかな。英語くらいはちょっとできないと困ると思う。

でも最近は英語見ても咄嗟に読めない。知らないとかじゃなくて、発音の問題。

そう、英語見てもドイツ語的な読みをしてしまいそうになるという・・・ドイツ語まともにできないのにそんなとこだけ・・・。



ああ、話がそれた。

プラトンに怨みがあるっていう話だったっけ・・・?

ほんとになー。一番困ったのはイデア論だったなあ。

なんで「いであろん」って打って一発変換されないし。ってそりゃそうか。一時期使いまくってたから、当時はできたかもだけど。

えーと・・・そうだそれで、イデアね。

でも実際、想起説っていうのはなんか意外といけるんじゃないかな、と思った。

イデアがある、って断言はできないけど、なんかそういう形とか概念のモデル的なものがあって、

それを生まれる前から人間は知っていて、だから現実においていろいろ判断できるっていう。

これは面白いと思うんだ。

人間が共通して「丸」を「丸」と判断できる理由になっている。っていう。

いやまあけっこう無理あると思うけど・・・考え方的にはありだと思う。

善悪の判断も、モデルを知ってるからこそ大まかには共通した判断ができる、って言えることになるし。

私はそういう、「なにかを判断する場合」の基準については、人類全体に普遍的に言えるものがあると考えている立場なので。

なんか難しい文になったな。わかりづらい。

要するに、人間がみんな納得できるような基準があるだろうってこと。

今の世界って西洋の技術とか思想が力強いから、そっちにリードされるとは思うけど。

みんなが幸せになれるっていうならそれでもいいよね。

「幸せになるために、この思想になら納得する」っていうような考えがあるはず。

ああ、まさにそんな話を卒論でしたわけだ。



なんだか今日も長くなったのでここまで。

明日もやるかっていうとわからない。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/433-84e826bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ほんとギリシャって «  | BLOG TOP |  » 古代ギリシャに思いを馳せてみる

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。