2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

執筆て


最近どうしてか、文章が書きたくなる。

つまらないのに。

いや書くっていうか打つことそれ自体は別につまらないわけじゃなくて、

単純に、私の打った文章がつまらないという話。

だから、今年に入ってから、なんか馬鹿みたいに技術書とか指南書とか読みまくってるけれども。

「どんどん書いてください」とか「簡単ですよ」っていう台詞はよく見かける。

でも問題はそこじゃない。

それで食っていけるかってことだ。

もしできることなら、文章書いて食っていければ。

それはとても幸せなことだ。

確かに書くこと自体はそう難しいことじゃない。

それが他者に受け入れられるか、ということが重要。

っていっても世の中には色んな人がいて、色んなジャンルがあるわけで。

もし万が一投稿でもしようと思うなら、書いたものに合ったレーベル大賞に送るべきなのも、わかる。

わかるけれども。

・・・まだ誰にも読んでもらったことのないものをプロに見せるのは、どうなんだろう。

っていうか、投稿とかほんとに無理。恥ずかしい。

小心者だからできない感じする。

変に慎重派だから、親にばれないように印刷とか投函とかできるのかよ、と思ってしまう。

ちなみに。

私は小説を書いたという事実を、家族の誰にも知らせていないので、隠密行動になるわけです。

怖いなあ。

なんか怖いよ。

今こうしてこそこそやって、それが実を結ぶか結ばないかじゃなくて、私にとって重要じゃないのかもしれないことが、怖いよ。

だってこれは多分、今の私の願望であって、将来のものではないわけで。

今、特に就職希望がないから、そう思ってるだけなのかもしれないわけで。

つまり就きたい職業があったら、考えもしなかったのではないかと。

そう思うわけです。

私は私の本気を計れないから。

実は将来の夢なんて、小さい頃から分からなかったりする。

好きなことを職業にできるとは、思ってないし。















あーもうやだ。こういう思考の人間やだ。

と、鬱ってみる。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/29-9a54f87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西へ。 «  | BLOG TOP |  » 美容院は鬼門だ。

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。