2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第773回「愛ってなんだ?」をやってみる

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは「愛ってなんだ?」です。 ためらわないこと・・・では、ありませんが愛って、具体的に説明するのは難しいですよね。愛については、まだまだわからないことがたくさんある水谷です。でも、今、この年齢(詳細はヒミツです)になると愛について、少しずつ気付・..
FC2 トラックバックテーマ:「愛ってなんだ?」




トラックバックとかするの初めてだがやってみるぞ。

愛とは何か。

うん。随分前に大学の講義でやったな。

いやまあ皆じゃっかん引いてたと思う。先生は慣れたものですが。

最後のテストが愛について書けってものですごい大変だった気が。

っていうか、文学とか哲学とかやっている以上、避けては通れない問題なのです。



自論について。

結論から言うと。

愛なんて実在しないだろう。

愛って何か、という問題はすごく大事です。定義を考える。

たぶん一般的に「愛」っていうと、男女間のものとか親子間のものとかある。

あと自己愛とかアガペーとかエロスとか。

あっそうだエロスって別にエロいわけじゃないです。

プラトンが言ってるやつ。いわゆるプラトニック・ラブ

キューピッド=エロースだと、性愛的になるけれども。


いやそれはともかく。そもそも愛って、どう考えても西洋的概念なんです。

日本的な意味での「愛」だと古典の「愛し(かなし)」になるから、たぶんこの場合の愛とは違うんじゃないかね。

それで、思った。

西洋的概念としての愛って、日本にあるのかよ。

つーかその時点ですごくどろどろした濃いイメージが・・・。

うーん・・・やっぱり性愛っぽくなるのかね・・・。あとは恋ですか。

いや。まあ。いいんですけどね、なんでも。

でもまあ、愛っていうとなんとなくうさんくさい。

特に三次元では。

この時点で私がどんな人間が判断できたという浅薄な方はどなたですか。

でもまあ、人間のことなんてそもそも信じられるはずがないので、愛なんて言ったら余計に信じられないです。

はい、ここで私という人格に絶望した人、早計です。

愛なんてめんどくさそうなものはどうでもいいんです。

私はそれでも、「情」は存在すると信じています。
愛と情の違いって説明は難しいけれども、イメージは違いますよね。

親しい人同士の間に起こるもの、というか。愛よりも広い意味を持つように思う。

私が愛よりも情を選択することには、たぶん日本人であることが関係している。

日本人ってそんなに愛がどうとか言わないでしょう。西洋人に比べたら。

だから日本人に「愛」は似合わない感じがする。

でも人情ってやつはありますよね。いや・・・現代日本じゃ怪しいかな・・・。

とにかく、家族を愛してるかって聞かれると微妙だけど、情はあるしすごく大事、とは答えられる。

そんなイメージかな・・・。



ところで、プラトニック・ラブは重要です。

これは精神に惹かれる愛のことです。

女性に惹かれるとなると、性愛だから肉体に惹かれることになる。

でも彼らは、肉体なんて劣等なものだと言って、とにかく魂がすごいものだから、とそっちばっかり重要視するわけです。

だから、肉体に惑わされずに精神を愛することのできる、同性愛はOK、と。

ちなみにソクラテスは面食いでした。

っていうかあの時代、だいたい地位ある人は若い美男子を弟子と称してそんな関係にを結んでいました。

当時レスリングは裸でやるものでしたが、その競技を少年達がしているのを見て、大人はあの子がいいとか噂しあっていた、とか。

そらーすげえ光景だわ・・・。想像したくないわ。さすがギリシャ・・・。

何がすげえって、授業中に普通にそんな話するうちの先生(男)だよな・・・。



はい、腐女子の皆さん、吉報でした。

・・・いやまあ、皆さん既にご存知だったでしょうけどね?彼らは精神的な愛を持ってるんですよね?





しかしまあ、他にいろんな人のコメント見てみたが、皆ばっさりだ。

普通に長く語ってる自分が馬鹿みたいだぞ。

中には純粋なこと書いてる方もいて・・・なんか、あれですね、全力でごめんなさい。

いつか持っていたはずの綺麗な心はもうないんです。

いや、ああ、違う、小さい頃から汚い心の嫌なやつだったな、私は。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/165-f0f29428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

へんなぱん «  | BLOG TOP |  » 夫婦は俺の嫁、という悟りをひらいた

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。