2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女と野獣 に反逆したい

別にディズニーの話に限定してないです。

でもよくある話です。

美女と野獣のカップル。

うんまあ好きだ。

奥さんがこんなに美人なのに、旦那は熊のようだ、というギャップ。

ギャップ萌えってやつか・・・体格差萌えでもあるんだな。

ドラマや漫画なんかで出ることが確かに多いこの組み合わせ。

しかし野獣は野獣といいながら、どっかしら変なだけで実はかなり上玉というか、プラス面が大きかったりする。

ディズニーもそうですね。

野獣はなんだかんだ言って金持ち。

城の主。地位はよくわからないが。

それに最終的には元に戻って、おそらくはディズニー的に美男であろうという姿になった。

金持ち。容姿もよさげ。しかも主人公のおかげである程度性格も良くなっている。

典型的な「王子様」になってしまったのです。

野獣の要素が消えた・・・!

そういうわけで、完全な「野獣」は出てこない。

探せばあるかもしれんが、まあだいたいこの場合の「野獣」はプラス面が実はあるはず。



だが。

なにやら想像しづらいパターンがある。

これの逆だ。

つまり、「美男と醜女」。

この場合の「美男」は前述の美女と同じで、欠点らしいものはない。

ただし「王子様」とはおそらく違う。

とりあえず人間的には良い、という程度に考える。

で、相手。

単純に醜女と考えるとちょっと難しいので付加価値をつける。

「野獣」の要素を引き継ぎ、容姿も性格も悪い、金持ちの娘にしてみる。

うわ、こんなのヒロインじゃないわ・・・むかつく脇役じゃん。

だがあえてヒロイン!

凄絶に反骨の精神でいく!

・・・んでまあ、例のパターンでいくと。

ものすごく嫌なタイプのお嬢様のところに金はないが他は良い、という男が行くことになる。

色々あって少しずつお嬢様の性格がマシになっていく。

で、結局くっつくことになりますね。

あー・・・なんか、意外と普通だな。

でもきっと、変身してないから醜女のままだ。

そしたら、そんなストーリーだったら読者は納得するのか?

受け入れられるのか?

だってプラス面がなさすぎる。

多分、同性の目から見ても女性に対して期待されるのは金とかじゃなくて容姿や性格のような気がする。

完全な醜女がヒロインとして受け入れられるのかも謎だ。

「美女と野獣」はシンデレラストーリーだ。

シンデレラになるには、とりあえず容姿がよくないといけない。

だって容姿だけでのしあがっていくからだ。

ディズニーに出てくるシンデレラは、確かに性格もいい。

だが王子様と少し会っただけでそれが確実に伝わるはずがない。

数分のうちに最も印象に残るのは容姿だ。

王子様はきっと美人だったことを一番覚えていたはず。

「それに加えて」上品な人だった、と思うだけ。

容姿の美しさと中身のよさは結びついている。離れない。物語的に。

そうでなくても、最低でも中身がかなりよくないとヒロインとはみなされない。というか難しい。

金が「お姫様」の要素になるかというと、やはり難しい。

童話を見ると、身分を隠し貧しいみなりでも、最終的にはきちんと王子様にみそめられて幸せになる。

金はなくとも容姿はいい。

性格もいい。

やっぱり「幸せになるヒロイン」に求められるのはこっちか。

だんだんむかついてきた。

引用と参考が悪い可能性大。

だがこれが一般的であるのも事実では。

たまに、「ものすごく格上の男」×「ものすごく格下の女」のストーリーもある。

でもその場合でも、彼女を完全な「醜女」にかくことはできない。

漫画なら、「漫画の中で不細工」でも、基本的に絵がきれいなのでどこかしらきれいな見た目になるはず。

小説の場合、彼女をヒロインとして読者に共感してもらわないといけないので、なにかしらのプラス要素を描写される。

うーん。めんどくさくなってきた。

だがどうも、難しいことは確かだと思う。

不勉強ゆえ、いい例が思いつかない。

嫌だな。

とにかく、「美男と醜女」はあんまり考えてもらえないみたいだ。

自分でもそのストーリーが上手くいくとは思えない。

こういう時は、三次元に頼むしか・・・余計無理か・・・!

でも結構いいと思う。

金とか地位とかリセットして、純粋に「見た目の良い男子」と「見た目の悪い女子」で誰か書いてくれないかな。

少女漫画でなく。

探せばあるのか?

探しようがなくね?

疲れた。

中身適当過ぎるが、とりあえずこれでおしまい。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ignoramus.blog7.fc2.com/tb.php/163-bad858fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夫婦は俺の嫁、という悟りをひらいた «  | BLOG TOP |  » 愛の重さとビール

プロフィール

鈍色

Author:鈍色
鈍色だったり丼だったりYOUだったり、と場所によって名前が変わってます。でもだいたい丼と名乗る。
本と漫画とゲームをこよなく愛しつつ、しかし時折拒絶反応が出て、なおかつ活字中毒症状が出て死にそうになります。
歴史とか神話とか宗教とか大好きです。
哲学無き人生は無意味。とか言ってみる。

ネガティブな言葉

 

presented by.悲観的なピエロ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
本 (75)
ゲーム (130)
日常 (76)
つぶやき (81)
アニメ (54)
学校 (13)
語る (39)
動画 (7)
テレビ (4)
就活 (18)
ウディタ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。